広告 アニメ・映画 漫画

推しの子 さりなの病気とゴローの関係を徹底解説!転生の秘密も紹介

このサイトはアフィリエイト広告を利用しています。

『推しの子』の物語を彩る重要なキャラクター、天童寺さりな。

彼女は「B小町」の熱烈なファンでありながら、病気に苦しみ、過去には多くの悲しみを抱えていました。

この記事では、そんな天童寺さりなの詳細について紹介します。

病弱な彼女とゴローとの特別な関係、さりなの病気やそれに伴う転生の秘密に触れ、物語の中で彼女がどのように重要な役割を果たすのかを解説します。

推しの子のさりなについてもっと知りたい方は、ぜひこの記事を読んでさりなの魅力に気づいてください。

ポイント

  • 推しの子のさりなの性格と魅力について理解できる
  • 天童寺さりなが患っていた病気について詳しく理解できる
  • さりなとゴローの関係性や絆について理解できる
  • さりなの過去と転生の秘密について理解できる

推しの子 さりなとはどんなキャラクター?

ポイント

・あらすじを紹介

・性格とかわいい魅力

・ゴローとの関係

・病気について解説

・過去と家族関係

・さりなの転生について

あらすじを紹介

『推しの子』は、アイドルグループ「B小町」のセンターである星野アイのファンである産婦人科医、雨宮ゴローが主人公です。

物語は、ゴローがアイの妊娠を知り、出産に立ち会うことから始まります。

アイドルの妊娠はスキャンダルになりかねないため、ゴローはアイの秘密を守ることを誓います。

しかし、ゴローは何者かに殺され、転生してアイの子供として生まれ変わります。彼の新しい名前は星野アクアです。

双子の妹、ルビーも転生者であり、彼女の正体は天童寺さりなという病弱だった少女です。

アクアとルビーは前世の記憶を持ちながら、新たな人生を歩み始めます。

彼らはアイドル業界での成功を目指しつつ、母親であるアイの死の真相を探るという復讐劇を展開していきます。

性格とかわいい魅力

天童寺さりなは、明るく前向きな性格が特徴の少女です。

病院に入院している間もアイドル「B小町」の熱烈なファンであり、その中でもセンターの星野アイを特に愛していました。

さりなの病室にはアイドルグッズがたくさん飾られており、彼女の純粋な情熱と愛らしさが伝わります。

ゴローに対しては「結婚して」と真っ直ぐな愛情を示し、その純粋さが魅力的です。

また、歩行困難などの困難な病気と戦いながらも、笑顔を絶やさない姿勢は、読者に勇気と感動を与えます。

さりなの明るさと愛らしさ、そしてゴローに対する一途な思いは、多くの人々の心を掴み、物語に深い感動をもたらします。

ゴローとの関係

天童寺さりなとゴローの関係は、病院の患者と医者という特別なものでした。さりなは、ゴローが勤務する病院に長期入院していた病弱な少女で、ゴローは彼女の担当医として接していました。

さりなは「B小町」の大ファンで、特にセンターの星野アイを崇拝していました。

その情熱は病室いっぱいに飾られたグッズからも伺えます。ゴローはそんなさりなに親身になり、頻繁に病室を訪れて彼女の話し相手になっていました。

さりなはゴローに対して真っ直ぐな愛情を抱き、「結婚して!」と何度も伝えました。

ゴローは冗談半分に「16歳になったら考える」と応じていましたが、さりなにとっては本気の恋でした。

ゴローの優しさに触れたさりなは、彼を心から信頼し、愛情を注ぎました。

この特別な関係が、物語の中でさりなとゴローの絆を深め、読者に感動を与えています。

病気について解説

さりなが患っていた病気は「退形成性星細胞腫」という悪性脳腫瘍の一種です。

この病気は脳の中にあるグリア細胞から発生する腫瘍で、特に星細胞という種類から発生します。

退形成性星細胞腫は悪性度が高く、進行が早いため治療が難しい病気です。

さりなの場合、症状として歩行困難やふらつきがありました。これらの症状は、腫瘍が脳の運動機能を司る部分に影響を及ぼしたためと考えられます。

さりなはこの病気と闘いながらも、アイドルを愛する心を忘れず、病室でライブDVDを見て楽しんでいました。

この病気の選定は、物語の中でさりなのキャラクターに深みを与え、彼女の強さと純粋さを際立たせる要素となっています。

退形成性星細胞腫の詳細な情報は専門サイトで確認できます。

過去と家族関係

さりなの過去は、病弱で病院に長期入院していた少女でした。

彼女の病室はアイドル「B小町」のグッズで溢れ、その中心にはアイのポスターがありました。

しかし、家族関係は複雑で、両親は忙しく都心で働いていたため、ほとんど面会に来ることがありませんでした。

特に母親は、さりなの存在を厄介払いするかのように遠い病院に入院させていました。

さりなが亡くなるときも、両親は病院に現れず、彼女は孤独な最期を迎えました。

後に明らかになったことですが、母親はさりなの存在を完全に無視し、健康な他の子供たちと幸せに暮らしていました。

この事実を知ったアクアは、「さりなは地獄に生きていた」と評しました。

さりなは、家族からの愛情に恵まれなかったため、アイドルに夢中になり、ゴローに対しても深い愛情を抱くようになりました。

さりなの転生について

さりなは、12歳という若さで亡くなりましたが、その後「星野ルビー」として転生します。

彼女は、前世での記憶を持ったままアイドル「B小町」のセンターである星野アイの子供として生まれ変わります。

ルビーに転生したさりなは、前世で果たせなかった夢を追い、アイドルになることを目指します。

彼女の転生には強い意志が関わっており、ゴローやアイへの深い思いが影響していると考えられます。

また、さりなが転生した理由の一つには、アイの出産時に魂の器が必要だったことが挙げられます。

新しい人生を与えられたさりなは、前世の記憶を持ちながらも新たな挑戦に向かっていきます。

物語の中で彼女が再びアイドルとして輝く姿は、前世のゴローに見せたかった夢の続きと言えるでしょう。

推しの子 さりなの声優や物語の重要シーン

ポイント

・天童寺さりなの声優

・転生に気づくのはいつ?

・ルビーとしての再出発

・さりなを取り巻くキャラクターたち

・推しの子 さりなの病気とゴローの関係を徹底解説!転生の秘密も紹介まとめ

天童寺さりなの声優

天童寺さりな役を担当する声優は高柳知葉さんです。

高柳知葉さんは、千葉県出身の声優で、これまでに多くのアニメ作品に出演しています。

代表的な役には、『恋する小惑星』の木ノ幡みら役や、『ウマ娘 プリティーダービー』のオグリキャップ役があります。

さりな役のオーディションを受けた際には、さりなの愛と人生を精一杯演じることを決意し、その結果、見事に役を勝ち取りました。

彼女の演技は、さりなの純粋で前向きな性格を見事に表現しており、多くのファンから高く評価されています。

さりなの繊細な心情や深い愛情を声で表現する高柳知葉さんの演技は、物語の感動をさらに引き立てています。

転生に気づくのはいつ?

さりなの転生が明らかになるのは、物語の122話です。

ルビーとして転生したさりなは、前世の記憶を持ちつつ、新しい人生を歩んでいますが、双子の兄アクア(前世はゴロー)にその正体が明らかになるまでには時間がかかります。

アクアは、ルビーの持っていた星野アイのキーホルダーや、ルビーが口にした「せんせ」という呼び方から、彼女がさりなの生まれ変わりであることに気づきます。

この瞬間、アクアは自分の前世がゴローであることをルビーに告白し、互いにその正体を認識します。

これにより、二人は前世からの絆を再確認し、物語の重要な転機となります。読者にとっても、このシーンは感動的で衝撃的な展開として強く心に残るでしょう。

ルビーとしての再出発

さりなは12歳で亡くなりましたが、その後、アイの子供「星野ルビー」として転生しました。

前世の記憶を持ったまま生まれ変わったルビーは、アイドルになることを夢見て新たな人生をスタートさせます。

彼女は、前世での夢を叶えるため、そして何よりゴローに見せたかったアイドルとしての姿を実現するために努力を重ねます。

双子の兄であるアクアと共に、ルビーはアイの死の真相を追求しながら、アイドル業界での成功を目指します。

転生後のルビーは、前世での経験や記憶を活かし、困難に立ち向かう強さと決意を持っています。

彼女の前向きな姿勢と、純粋なアイドルへの愛情が、多くの人々に感動を与えます。

ルビーとしての再出発は、さりなの未練や夢を叶えるための新たな挑戦の始まりです。

さりなを取り巻くキャラクターたち

さりなを取り巻くキャラクターたちは、彼女の物語を豊かに彩ります。

まず、研修医時代のゴローは、さりなにとって特別な存在であり、彼女の心の支えでした。ゴローは、さりなの純粋な愛情に応え、彼女に寄り添う優しい医者として描かれています。

次に、さりなの家族は物語の中で重要な役割を果たします。

両親は忙しく、さりなに対して冷淡でしたが、母親の再登場は物語に深い感情をもたらします。

また、ルビーとしての転生後、双子の兄であるアクア(ゴローの転生)が彼女を支えます。

アクアは、ルビーの夢を理解し、共にアイドル業界での成功を目指す仲間です。

さらに、B小町のメンバーや他のアイドルたちも、ルビーの成長を見守り、助ける存在です。

これらのキャラクターたちが、さりなの物語をより豊かで感動的なものにしています。

推しの子 さりなの病気とゴローの関係を徹底解説!転生の秘密も紹介まとめ

  • 天童寺さりなは、病弱な少女で「B小町」の熱烈なファン
  • 物語はゴローがアイの妊娠を知り、出産に立ち会うところから始まる
  • ゴローは何者かに殺され、転生してアイの子供として生まれ変わる
  • ゴローの新しい名前は星野アクア
  • 双子の妹ルビーの正体は天童寺さりな
  • アクアとルビーは前世の記憶を持ちながら新たな人生を歩む
  • さりなは明るく前向きな性格で、笑顔を絶やさない
  • さりなはゴローに対して真っ直ぐな愛情を抱いていた
  • さりなの病気は「退形成性星細胞腫」という悪性脳腫瘍
  • さりなは家族からの愛情に恵まれなかった
  • さりなは前世で果たせなかった夢を追い、ルビーとしてアイドルを目指す
  • さりなの声優は高柳知葉が担当
  • さりなの転生がバレるのは物語の122話
  • さりなを取り巻くキャラクターにはゴローやアクアがいる
  • さりなは物語の中心的な存在で、多くの伏線を回収する鍵となる

 

-アニメ・映画, 漫画